スマイル工法 ベイストーン セキスイエスレンモール プランター バラスター キャスト ディスプレイ ティエスサンド 株式会社時久組ホームページ 株式会社時久組・歴史1922年創業 時久商事社長ブログ

スマイル工法

省力化とコストダウン、剥離の危険が少ない理想的な工法。

スマイル工法とは、ティエスサンド、ティエスサンド外部用、ボンモルコート(しごき・うすぬり)等をミキサーで練り上げ、ポンプ圧送しエアーの圧力を利用してモルタルを壁面に吹き付ける工法で、【Smearing(吹きつけによる)、Mechanism(機械の)、In、Labor-Saving(労力の省力化)、Engineering(技術)】から、「SMILE-スマイル工法」と名付けました。 スマイル工法は、タイル下地、各種吹き付け下地、ペンキ下地・クロス下地、木造住宅外部モルタル等の施工に威力を発揮し、大幅な省力化とコストダウンを図ると同時に、剥離・剥落のないモルタル施工を実現いたしました。

スマイル工法の特長

剥離防止
一定の力で材料が下地に付着し、また、下地コンクリートからの置換空気がモルタルとの界面につながらないため、剥離防止効果が大です。 厳しい品質管理のもとで製造されたタイル下地用吹付モルタルにより、付着力のバラツキが小さく高接着力を発揮します。
技術の平準化
機械化により高い熟練技能を必要とせず、作業の平準化が計れます。
工期短縮と省人化
吹付機械の小型軽量化による施工能率が大幅に向上し、工期の短縮が可能です。 施工効率の改善により省人化が計れ、人手不足に対応できます。
作業環境の改善
特殊混和剤の配合によるリバウンドの低減により、材料ロスが少なく、作業環境を美しく保ちます。
危険防止
材料揚重時の墜落の危険性がなくなります。 重量物運搬や無理な姿勢の作業が少なくなり、腰痛防止にも有効です。

スマイル工法の施工方法

《1》 下地の清掃
《2》 前準備
《3》 機械の調整
《4》 材料(ティエスサンドモルタル)をスネークポンプに入れる
《5》 スマイル工法で吹付
《6》 Sルーラでコテ押さえ
《7》 養生

スネークポンプ DM15・DM30

スネークポンプDM15・DM30 内外装のあらゆる吹付に最適。
建築物の大型・高層化、工法の近代化のために開発された各種化粧材をはじめ、モルタル、耐火被覆材などを、厚塗りから薄塗りまで能率良く、ムラなく美しく吹きつけができます。
特長
操作盤
操作部を一カ所にまとめていますので、操作が容易です。
無段変速
吐出量は無段階に変えられますので吹付材料に応じた適切な量で吹付ができます。
リモコン運転
吹付先でポンプの正転、停止、逆転が押ボタンスイッチにより確実に、スピーディにできるリモコン装置付です。

アルミニューム製・長尺定盤鏝〜Sルーラ1000・1500〜

アルミニューム製・長尺定盤鏝 〜Sルーラ1000・1500〜 ※長さは1.5m(Sルーラ1500)と1.0m(Sルーラ1000)の2種類あり、用途に応じて使い分けができます。
特長
能率性
壁面でのモルタルや補修材などの機械吹付箇所の仕上げ作業が能率的になります。
経済性
従来のモルタルを削り取って平滑にする工法と違い、モルタルを均していく工法なので、材料及び手間のロスが少なくなります。
簡便性
熟練工でなくても簡単に左官作業ができます。
軽量性
アルミニューム製で、中心部が空洞になっている為、軽量です。
耐久性
曲り、ねじれが少なく、耐久性も抜群です。

スマイル工法の実績










Copyright (C) TOKIHISA-syouji CO.,LTD. All Rights Reserved.